Jump menu


Secondary Navigation | back to top

Main content |  back to top

ニュース&トピックス

ロイヤル・ダッチ・シェル役員の異動について

ロイヤル・ダッチ・シェル取締役会は本日、2009年6月1日付でリンダ・クック(Linda Cook)の最高経営幹部からの退任を発表しました。

クック氏は29年間の勤続期間の中、最後の5年間を最高経営幹部としてガス&パワー、トレーディング、グローバル・ソリューションズ及びテクノロジーを担当しました。

最高経営責任者のイェルーン・ヴァン・デル・ヴェールは、「これまでのクック氏のグループに対する数多くの多大なる貢献に感謝します。特にシェルのLNG生産能力は過去5年間で60%以上増加しており、今後もさらに増加することが見込まれています。」と述べました。