Jump menu


Secondary Navigation | back to top

Main content |  back to top

ニュース&トピックス

世界初、シェルがカナダで最先端バイオ燃料混合のガソリンを販売開始

シェルは、本日よりカナダのオタワ市で、世界初となる麦わらから生産した最先端バイオ燃料であるセルロース系エタノールを10%混合したガソリンの販売を開始しました。

当該燃料はシェルのオタワ市内のガソリンスタンドで1ヶ月間レギュラーガソリンとして販売するものです。使用するバイオ燃料は、シェルが資本参加しているIogen Energy Corporationの実証プラントで先進的処理技術を駆使して生産されます。同プラントでは月産4万リットルの燃料を生産しています。

セルロース系エタノールは、ガソリンと比較してライフサイクル二酸化炭素排出量を最大で90%削減することが可能な燃料であり、シェルのバイオ燃料における戦略的投資及び開発計画の中でも重要な製品です。