Jump menu


Secondary Navigation | back to top

Main content |  back to top

ニュース&トピックス

シェルグループ、2010年第1四半期業績について

ロイヤル・ダッチ・シェル ピーエルシーは、4月28日、2010年第1四半期の業績を発表しました。

2010年第1四半期の利益は前年同期比57%増の55億米ドルとなりました。在庫評価の影響を除いたCCSベースの利益では、前年比49%増の49億米ドルでした。

以下は最高経営責任者ピーター・ヴォーサーのコメント(抜粋):
「資源価格の上昇、順調な操業・生産、そしてシェルの成長プログラムにより、業績は前年同期と比較して大幅に回復した。業績については、既存プロジェクトの増産や次世代プロジェクトの成熟化等、短期的な改善に向けて確実に前進している。今回の業績にはロシアとブラジルにおける新規上流プロジェクトの増産が反映された結果、上流の生産量が6%、LNGの出荷量が38%、それぞれ増加した。(中略)短期的展望として明暗混合の兆候が見られる。2010年は、今のところ原油価格の安定推移、石油化学製品の需要増が見られる反面、製油所マージン、石油製品価格及びスポットのガス価格は低迷している。経済見通しの改善の兆しも見られるが、我々はそれに甘んじることなく、新規プロジェクトの始動や低コスト化に裏打ちされたキャッシュフロー向上に注力する。大部分を自助努力により達成できた2010年第1四半期の業績には満足している。今後はより競争力のある経営、さらなる成長、そしてより緻密な戦略の実行を目指す。シェルは今後も努力を続ける。」

ロイヤル・ダッチ・シェル ピーエルシー

2010年度第1四半期業績(単位:100万米ドル)
第 1四半期

2010年度第1四半期業績(単位:100万米ドル)第 1四半期
結果 2009 2008 増減%
売上高 86,062 58,222 +48
税引前利益 9,966 5,734 +74
当期利益 5,481 3,488 +57
CCSベース利益 4,897 3,297 +49