Jump menu


Secondary Navigation | back to top

Main content |  back to top

ニュース&トピックス

「シェル エコマラソン 2012」アジア大会をマレーシアで開催

アジア18ヶ国から学生チーム計143チ-ムが参加 日本から「兵庫県立但馬技術大学校」「横浜国立大学」の2チーム参戦

ロイヤル・ダッチ・シェルグル-プが開催するエコカーの世界大会「シェルエコマラソン2012アジア大会(SHELL ECO-MARATHON ASIA 2012)」に日本から「兵庫県立但馬技術大学校」「横浜国立大学」の2チームが参加します。当レースは、米国大会(2012年3月実施)、欧州大会(2012年5月実施)に続いて、アジア大会をマレーシア・クアラルンプールのセパン国際サーキットで7月3日~7月6日に開催します。

大会には、アジア各地の学生チーム(18ヶ国から143チ-ム)が、自ら制作したエコカーを持ち寄り、その高い技術力とドライビングを競います。

シェル エコマラソン 2012の情報
大会開催日
2012年7月3日~6日
会場
セパン国際サーキット(クアラルンプール、マレーシア)
(Sepang International Circuit, KUALA LUMPUR)
日本からの出場校
  • クリーンディーゼルチーム(Clean Diesel Team)
    兵庫県立但馬技術大学校 自動車工学科
    Hyogo Prefectural Tajima Technical Institute, Department of Automotive Engineering
    (カテゴリー:プロトタイプ/バイオフューエル)
  • YNFC
    横浜国立大学
    Yokohama National University Fuel Cell Car Project Team
    (カテゴリー:プロトタイプ/水素)

シェルエコマラソンについて

約70年前のシェルオイル(米国)に起源をもつ伝統ある大会。現在は、米国・欧州・アジア(2010年大会が初回)の三大陸で開催している。競技は、究極の燃料効率を追求する“プロトタイプクラス”と、デザインにより実用性を持たせた“アーバンコンセプト”の2つのクラスに分かれる。また使用するエネルギーによって、ガソリン・ディーゼル・バイオフューエル・ガスツーリキッド(GTL)・水素・ソーラー・電気のカテゴリーに分けられる。

出場チームは、期間中、トライアルを重ね、1リッターの燃料(電気は1KWH)で、どれだけ長距離を走行できるかの記録を競い合う。また、安全性・チームワーク・デザイン・技術革新性に優れたチームにはオフ・トラック賞が授与される。

シェルグル―プは、世界各国から参加した技術系学生が、持続的なモビリティへのビジョンを具現化を応援し、各コンセプトの実用化にむけた切磋琢磨の機会提供を目指している。

※先日行なわれた2012年欧州大会のWINNER(ガソリン部門)の記録 : 2833KM

シェルエコマラソンアジア大会2011 開会式

シェルエコマラソンアジア大会2011 開会式