Jump menu


Secondary Navigation | back to top

Main content |  back to top

当社のグループ製油所、昭和四日市石油四日市製油所、東亜石油京浜製油所、西部石油山口製油所の3製油所の原油処理能力は、全体で39万5,000バーレル/日になります。

これらの製油所は、インテグレーテッド・ユニットや重油水素化脱硫装置、残渣油流動接触分解装置、連続触媒再生式接触改質装置、揮発油異性化装置、フレキシコーカーの導入など優れた技術力を持ち、同時に安全・環境保全にも万全の体制で臨んでいます。

販売品目については、ガソリン、灯油、軽油、重油、ナフサ、ジェット燃料、船舶用燃料、潤滑油、アスファルト、LPG、その他各種石油製品および電力となっております。

当社の販売形態は、機能上、一般国内販売と国際販売に大別できます。国内販売は、主として全国約3,600か所のサービスステーションを通じてのガソリン、軽油、自動車用潤滑油全般、ならびに各種サービスなどの小売販売と、製造業、電力、ガス、輸送業、土木建設業、漁業などの需要家を対象に、重油、軽油、ナフサ、潤滑油、アスファルトなどの多様な製品を直接販売する需要家向け販売、さらにLPG販売などです。国際販売は、国際線用航空燃料と外航船向け舶用燃料油、および潤滑油の販売を行っています。

なお、さまざまに変化する社会のニーズに対応し、中、長期的な観点に立って、中央研究所を中核に、石油製品、非石油製品、新エネルギー、燃料電池関連事業、環境分野の基礎研究から製造開発、および技術サービス分野まで、広範囲な研究活動を行っております。