Jump menu


Secondary Navigation | back to top

Main content |  back to top

シェルの持続可能な発展

シェルにとって、持続可能な発展とは、高まるエネルギー需要への経済的、環境的、社会的に責任ある対応を支援することを意味します。シェルの事業決定には、これらの面への配慮が根付いています。

環境

世界で高まるエネルギー需要に対応すると同時に環境を守るためには、新しい技術、パートナーシップ、操業方法が必要です。シェルは、事業運営が環境に及ぼす影響を抑制する方策に一層注力しています。

輸送用代替エネルギー

道路交通量は2050年までに3倍の約20億台になると予測されていますが、深刻な気候変動を回避するためにはCO2排出量を減少させなくてはなりません。

サステイナビリティ・レポート

シェルは社会、環境関連のパフォーマンスを一般の皆様に自主的にお知らせすることを決定し、その第一号「シェル・レポート」では1997年のパフォーマンスについてご紹介しました。これは、社会に対する透明性と誠実さを重んじ、責任あるエネルギー供給で持続可能な発展に貢献するシェルの決意を広く知っていただくためです。

安全

安全は常にシェルの第一の優先事項です。事故死亡者数をゼロにすること、そして人々に危害を与えたり、私たちの隣人や施設を危険にさらす事故をなくすことがシェルの目標です。

社会

シェルは経済の発展を支えるエネルギーを供給します。そして、操業地域では懸念への対応およびメリットの共有のため、地域コミュニティとの協働をモットーとしています。

R.I.ジャパン(国際難民奉仕会)

昭和シェル石油(株)とシェル ケミカルズ ジャパン(株)は共同で、1980年より、R.I.ジャパン(国際難民奉仕会)に無償でオフィスを提供し、支援しています。