Jump menu


Secondary Navigation | back to top

Main content |  back to top

二酸化炭素の回収・貯留

国際エネルギー機関では、二酸化炭素回収・貯留(CCS: Carbon Capture and Storage) 技術がこの10年で急速に普及した場合、2050年までに年間100億トン以上もの CO2 排出削減が可能になると推測しています。

CCS 技術とは、発電所、製油所、化学工場といった大規模プラントから排出される CO2 を回収し、安全に地下に貯留する技術です。

この技術は今日既に実用化されているものの、世界各地で地質の差異が大きく、大量の CO2を安全かつ長期的に地下に貯留するには未だ多くの技術的課題が残されています。シェルはCCS技術推進のため世界各地で多くの実証プロジェクトに携わり、また、いくつかの大規模CCSプロジェクト実現を目指しています。

ページツール

さらに詳しく

シェルは、世界で高まるエネルギー需要に、経済、環境、社会全ての面で責任あるやり方で対応すべく取り組んでいます。

シェルは、エネルギー企業として早い段階で気候変動の脅威を認識し、各国政府、エネルギー業界、消費者に対策実施を呼びかけ、また自主的に対策を講じました。