一目で分かるシェル

日本におけるシェル

シェルは、70を超える国や地域で約93,000人の社員が働く、エネルギーおよび石油化学製品のグローバル企業グループです。

私たちの使命は、現在、また未来においても、経済的、社会的、環境的に責任ある形で、社会が必要とするエネルギーの需要に応えることです。

日本におけるシェルの歴史は1900年にさかのぼります。日本の皆様とのパートナーシップは、現在では、上流開発から、エンドユーザーのお客様に至るまで、あらゆる範囲にわたっています。

シェルが誇る操業実績と信頼性、革新的なテクノロジーを以って、新たな成長機会を推進し、安全性、安定性、経済性、環境優位性という日本のエネルギーの優先課題の解決に貢献したいと考えています。

世界的なシェルのネットワーク

世界的なシェルのネットワーク

ロイヤル・ダッチ・シェルは1907年に設立されましたが、当社の歴史はサミュエル一家が海の貝殻をロンドンの小さな店舗で販売していた19世紀初頭にまで遡ります。

今日、シェルは平均して94,000人を雇用し、70以上の国々で活動する、世界の主要なエネルギー企業の1つとなりました。当社の本部はオランダのハーグにあり、最高経営責任者はベン・ヴァン・ビューデンです。シェルグループの親会社は、イングランドとウェールズで法人化されているRoyal Dutch Shell plc.です。

当社の戦略は、責任ある方法で世界的なエネルギー需要を満たすための支援をしながら、石油およびガス産業におけるリーダーとしての地位を強化することです。安全と環境的・社会的責任は当社の活動の中心です。

1833年から現在までの当社の歴史をご覧ください

当社の目的

当社は、今後数10年間は、石油とガスが世界的なエネルギーミックスの重要な部分であり続けると考えています。当社の役割は、これらのエネルギー資源を収益性良く、環境的・社会的に責任ある方法で確実に抽出することです。

当社はお客様、パートナーおよび政策立案者と綿密に協力し、より効率的で持続可能なエネルギーと天然資源の利用を進展させることを目指しています。

当社のスタッフ

当社のスタッフは、世界で最も革新的で、刺激的な幾つかのエネルギープロジェクトで協力しています。多様な労働力と包括的な職場環境は当社の成功に不可欠な部分であり、より革新的で優れたソリューションに導きます。

専門的訓練、開発プログラムおよび継続的サポートは、当社のスタッフは潜在的能力を発揮するためのあらゆる機会を与えられていることを意味します。そして当社のリーダーシッププログラムにより、能力のある個人が明日のエネルギー産業のリーダーになることが可能となっています。

 

一目で分かるシェル、2015年

当社は70以上の国々で活動しています

平均従業員数94,000人

年間販売されたLNG量、2260万トン

当社は23の精製所の株式を保有しています

当社は毎日300 万バレル相当の石油を製造しています

当社のプロジェクトパンフレットをダウンロードしてください 「作成」

2015年度財務成績

収益:2650億ドル

収入:22億ドル

資本投資:289億ドル

研究開発投資:11 億ドル

2015年度持続可能な発展の早分かり

1億2200ドルが世界中の社会的投資に費やされました。この内:

  • 約9300万ドルは、 コミュニティー開発、災害救援、教育、健康および生物多様性の地域プログラムに費やされ、そして、
  • 約2900万ドルは、企業開発、交通安全およびエネルギーへのアクセスという、当社の3つの戦略的テーマに費やされました。

所得の低い国々では、シェル企業グループにより費やされる金額の75%は地域の企業からの物品やサービスの購入に充てられました。 

シェルについてもっと見る

日本におけるシェルのビジネス

シェルは、グローバルな総合企業として、経済的、環境的、社会的に責任ある方法で、増大する世界のエネルギー需要に応えたいと考えています。

日本におけるビジネス

私たちの日本での事業活動は主に次の3つに分かれています。統合ガス事業、化学事業及びトレーディング事業、そしてプロジェクト&テクノロジー部門です。