岩谷産業株式会社(以下、岩谷産業)、川崎重工業株式会社(以下、川崎重工)、シェルジャパン株式会社(以下、シェルジャパン)、電源開発株式会社(以下、Jパワー)、丸紅株式会社(以下、丸紅)、ENEOS株式会社(以下、ENEOS)、川崎汽船株式会社(以下、川崎汽船)の7社は、HySTRA※1として2016年から取り組んでいたNEDO※2の助成事業「未利用褐炭由来水素大規模海上輸送サプライチェーン構築実証事業」(以下、「本事業」)において、世界初の褐炭から製造した水素を液化水素運搬船で日豪間を海上輸送・荷役する実証試験を完遂したことを記念し、2022年4月9日、式典を開催しました。

本事業を通じて、HySTRAは、大量の水素を製造・輸送する技術を開発し、サプライチェーン構築時の課題を抽出するために、日豪間で実証試験を行いました。世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」は、2021年12月に日本を出港、2022年1月に豪州に到着、褐炭から製造した水素を積荷し、2022年2月に日本に帰港しました。帰港後、液化水素運搬船から陸上の液化水素タンクに荷揚作業を行い、実証試験中の各種運用データを検証した結果、無事に完遂できたことを確認しました。

今回の実証試験により、国際的な液化水素サプライチェーン構築が可能なことが立証されました。試験を通じて安全に運用できることを実証できた装置や設備は、今後のクリーンエネルギービジネスのゲームチェンジャーとなる技術であり、天然ガスのように水素をエネルギーとして当たり前に使える社会の実現に、さらに一歩前進しました。

今後、さらなる設備の運用を通じて、将来の商用水素サプライチェーン構築に資するデータや知見を積み重ねていきます。

本事業は、HySTRA参画7社に加え、経済産業省、NEDOをはじめとする日豪の関係省庁や多くの民間企業、施設立地自治体など、水素を基盤とするカーボンニュートラルの実現に向けた共通のビジョンを掲げる様々なステークホルダーが参画し実現することができました。7社は、水素のエネルギー利用への期待が高まり、世界各地で水素サプライチェーンの構築が行われている中、本事業が次世代のクリーンな社会に貢献できるよう、引き続き関係者と協力していきます。

【7社の役割】

岩谷産業 液化水素荷役実証ターミナル「Hy touch神戸」の運営
川崎重工 液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」および液化水素荷役実証ターミナル「Hy touch神戸」の開発/建造
シェルジャパン STASCO(Shell International Trading and Shipping Company Limited )による液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」の運航
Jパワー ラトローブバレー産褐炭からの水素ガス製造設備を建設/運用
丸紅  総合商社としてのノウハウを活用したCO2フリー水素サプライチェーン技術の社会実装に向けた検討
ENEOS  CO2フリー水素サプライチェーンの事業性検討
川崎汽船 LNG運搬船の運航で培った知識と経験を活用し、液化水素の安全な運搬を支援

※1:技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構の略称。COフリー水素サプライチェーンの構築および商用化に向けて、褐炭を有効利用した水素製造から、輸送、貯蔵に至るまでの技術確立と実証を主目的として、岩谷産業、川崎重工、シェルジャパン、Jパワーの4社で設立。その後、丸紅、ENEOS、川崎汽船が参画。

※2:国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(New Energy and Industrial Technology Development Organization)

(ご参考)

豪州では、岩谷産業、川崎重工グループ、Jパワーグループ、丸紅、住友商事株式会社、AGL Energy Limitedでコンソーシアムを組み、豪州連邦政府およびビクトリア州政府より補助を受けてガス精製設備、水素液化・積荷基地などを建設。水素の陸上輸送は現地の産業ガス会社が担当。

シェルの水素の取り組み(英語)についてはこちらをご覧ください。

Hydrogen | Shell Global

すいそ ふろんてぃあ:世界初の液化水素運搬船

タイトル: すいそ ふろんてぃあ: 世界初の液化水素運搬船

上映時間: 2分20秒

概要:

シェルが参画しているCO2フリー水素サプライチェーンの構築を行い、商用化を目指す企業団体HySTRA(ハイストラ)の事業において、参画しているパートナー企業とともに、世界初の液化水素運搬船の安全な海上輸送について説明した短編動画。

トランスクリプション

[BGM流れる]

シンセサイザーを効果的に使った心が落ちつく曲調の音楽。

[動画]

ふ頭の「すいそ ふろんてぃあ」の空撮映像。

[ナレーション]

「すいそ ふろんてぃあ」の初航海。新しい時代の幕開けです。

[動画]

地上から撮った「すいそ ふろんてぃあ」の後部のアップ。船名「すいそ ふろんてぃあ」が映る。ふ頭の液化水素タンク。ふ頭を出る「すいそ ふろんてぃあ」の空撮映像。海上を進む「すいそ ふろんてぃあ」の横側。船は進んでいく。背景に神戸の町の風景。

[ナレーション]

液化水素を輸送するため、8000トン級の運搬船が地球を縦断します。積み込まれた液化水素の温度は、マイナス253度。絶対零度との差は、わずか20度です。

[音]

「すいそ ふろんてぃあ」が海を進むときの波の音。

[動画]

画面暗転。

[BGM]

ドラムの音が重なり、勇壮な曲調に変わる。

[ナレーション]

日本とオーストラリアを往復する壮大な旅は、世界で初めてです。これはまた、技術革新の重要な節目を意味しています。

[動画]

シェルの水素ステーション。トラックが入ってくる。水素をトラックに供給しながら談笑する2人の男性。トラックの下の排気口から水が排出される。トラック、水素ステーションを出て行く。タイヤのクローズアップ。左右に緑の木々が生い茂る道を走っていくトラックの空撮映像。

[ナレーション]

水素は、エネルギー転換において重要な役割を担います。また、大気中に排出するのは水のみのため、世界中の需要家と企業の脱炭素化に大きく貢献します。

[BGM]

再び落ち着いた曲調に戻る。

[動画]

シェル 水素バイスプレジデント、ポール・ボジャーズのアップ。

ポール・ボジャーズ

パートナー企業と共に行ったHySTRAの事業を通して、私たちは水素が国際的に輸送可能であることを実証しました。

[動画]

ヘルメットをかぶり、赤い安全作業服を着た2人の作業員。2人、橋の上からふ頭の「すいそ ふろんてぃあ」を見下ろし指さす。船の設備をチェックする2人の作業員。ボジャーズのクローズアップ。

ポール・ボジャーズ

この事業は、国際的な水素サプライチェーンの構築と、世界中のエネルギー転換において

水素が主要な役割を担うための重要な出発点です。

[動画]

船の操縦室。作業員が数人。「すいそふろんてぃあ」の側面。後ろにタグボート。地上の液化水素のタンク。機器のつまみを調整する女性作業員のアップ。ヘルメットをかぶり、安全作業服を着てタンクの制御装置を調整する作業員。

[ナレーション]

HySTRA事業の成功を支えるのは、シェルの液化天然ガス輸送における専門技術と経験です。液化水素の輸送には、極低温貯蔵や万全の安全対策を必要とします。

[動画]

シェル 船舶・海事シニアバイスプレジデント、キャリー・トラスのアップ。

キャリー・トラス

HySTRA事業におけるシェルの役割は、液化水素を安全に輸送できる技術力を活用し、

輸出入を可能にすることです。

[動画]

呼吸用保護具を壁にかける作業員。計量器をチェックする作業員。機関室で設備の検査をする作業員たち。

[BGM]

ベースとなる曲に打楽器と弦楽器が入り、格調高い曲調に。

キャリー・トラス

乗組員が船を安全に操縦できることを保証するため、私たちは厳しい安全プロセスに則っています。

[動画]

トラスのアップ。ノートに記録する航海士のアップ。ネームタグに「二等航海士」の文字。

キャリー・トラス

また、業界初の試みであるため、私たちは、国際海事機関とともに液化水素を安全に輸送するための基準と規則の策定にも携わっています。

[動画]

シェルジャパン株式会社 代表取締役社長 吉田 康子のアップ。

吉田 康子

これは、パートナー企業と政府が一丸となって取り組んだ事業の集大成です。そして、世界初となる事業です。

[動画]

海を行く「すいそ ふろんてぃあ」の側面。その横をタグボートが並んで進む。吉田のアップ。

吉田 康子

シェルが長年培った知見よって成し遂げた偉業と、長期にわたる日本との関係を、私たちは誇りに思います。

[動画]

「すいそ ふろんてぃあ」の屋上で翻る日本の国旗。船を見ながら話す2人の作業員の後ろ姿。ふ頭の「すいそ ふろんてぃあ」の空撮映像。吉田のアップ。

吉田 康子

液化水素輸送実証試験で学んだことは、大規模な液化水素海上輸送サプライチェーンのさらなる発展の礎を築くでしょう。

[動画]

橋の上に2人の航海士。1人は双眼鏡で遠くを見ている。クリップボードを見ながら話す2人の航海士。機関室で談笑する作業員たち。テーブルでくつろぐ作業員3人。うち1人は料理士の白いユニフォームを着ている。

[ナレーション]

水素社会へのさらなる発展に向かう、力強い第一歩です。

[動画]

なごやかに、テーブルの報告書を読む航海士2人と作業員1人。ふ頭の「すいそふろんてぃあ」の空撮映像。カメラ、船の側面から空へとパンする。画面、白くなる。

[ナレーション]

世界がネットゼロを達成するために、クリーン水素が重要な役割を果たすとシェルは信じています。