シェルエナジージャパンは、イノワッツとパートナーシップを組むことで、今後、エネルギー小売事業者や発電事業者に対して、分散型エネルギー源(DER)からのエネルギーを集約、分配、販売するための再生可能エネルギーの発電予測、およびお客様とのエンゲージメントを強化するためのソフトウェアを提供します。これにより、エネルギー需給の最適化とエネルギー需要に応じた需給調整が可能となります。

シェルエナジージャパンのジェネラル・マネージャー亀田綾子は「日本の電力市場がより多くの再生可能エネルギー活用に向けた取り組みを拡大する中で、今回のイノワッツとの協業は、国内のお客様がエネルギー転換と脱炭素化の目標を達成するための重要なソリューションを提供する一歩となります」と述べています。

シェルエナジージャパンは、エネルギー転換の一助となるべく、電力事業のバリューチェーン全般にわたる事業機会を追求し、お客様のニーズに沿った効果的な電力ソリューションを提供してまいります。

シェルエナジージャパンについてはこちらのHPをご覧ください。

イノワッツについては、こちらのHP(英語のみ)をご覧ください。