企業の脱炭素戦略は、事業活動やサプライチェーンにおける炭素排出を回避・削減することから始めることが大前提でなければなりません。

一方で、多くの企業が温室効果ガス排出削減に向けて、野心的な取り組みを進めるなかで、炭素市場や、排出量を相殺(オフセット)する施策もまた、炭素削減に向けた対策の重要な一部であるとシェルでは考えています。企業や消費者は自らの排出量に価格が付くことで、それに対処する最適な取り組みを選択し、ネットゼロ、さらにはマイナスの排出ソリューションに対して効果的に資金を提供することが可能となります。

本レポートは、ボランタリーカーボンマーケットの発展や構造、課題への理解を深めるため、業界や地域を問わずステークホルダーとの対話を行い、その結果をまとめたものです。お客さまやその他ステークホルダーが求めるカーボンクレジットのタイプや質、クレジットの調達計画などさまざまな洞察に基づき、将来の潜在的なボランタリーカーボンマーケットの特性と成長のシナリオについて解説しています。

全文は下記からごください。

Shell BCG Report 01